COMPANY INFORMATION企業情報

沿革

1951年3月 群馬県邑楽郡大泉町に資本金40万円で日東電機製作所(NT)設立。
市販通信器部品の製造を開始。
1956年11月 株式会社東芝府中工場より、磁気増幅器及び変圧器の受注生産を開始。
1959年3月 群馬県邑楽郡大泉町に新工場を完成。
1961年3月 資本金を300万円に増資。
1962年10月 群馬県邑楽郡大泉町に資本金2,000万円にて株式会社特電大泉製作所(TD)設立。
電子機器部門を新会社へ移管。
1967年10月 群馬県邑楽郡大泉町に新工場(3,000㎡)完成。生産部門を集約。
資本金2,000万円に増資。配電盤の製造開始。
1968年6月 株式会社東芝府中工場の重点外注工場に指定される。
1970年6月 配電盤組立工場(1,350㎡)を増設。
1976年4月 組織変更を行い、株式会社日東電機製作所とする。
1977年4月 中小企業庁より中小企業合理化モデル工場に指定される。
1977年10月 配電盤組立工場(3,150㎡)の大幅増設を行う。
1978年4月 資本金8,000万円に増資。
このうち4,000万円を東京中小企業投資育成株式会社が引き受ける。
1982年3月 中小企業庁長官より長官賞を授与。
1982年9月 群馬県太田市に資本金1,000万円で株式会社日東システム開発(NSD)設立。
コンピュータ周辺装置、ソフトウェア開発等を開始。
1983年10月 事務所・食堂(481.3㎡)の改築工事完成。
1984年5月 株式会社東芝青梅工場よりコンピュータワークステーションを受注。一括製造を開始。
1985年12月 箱根保養所改築工事完了。
1986年4月 株式会社東芝青梅工場より品質管理優良賞を受ける。
1986年11月 NCT、自動搬送ラインを導入。
1988年8月 エンジニアリングワークステーションを導入。設計の機械化を図る。
1989年1月 SG-CAD、運用開始。
1989年4月 株式会社東芝府中工場より特別協力表彰を受ける。
1990年6月 優良申告法人に指定される。
1990年11月 本社(現、吉田工場)2階に「テクニカル・インテリジェントオフィス」を新設。
(社)ニューオフィス推進協議会より県内企業では唯一
「ニューオフィスモデル100選」に選ばれる。
1991年1月 SG-IDAS、工程管理システム運用開始。
1991年2月 株式会社東芝府中工場よりVA表彰を受ける。
1992年7月 株式会社東芝府中工場より永年協力表彰を受ける。
群馬労働基準協会より安全特別表彰を受ける。
1993年3月 合理化モデル工場として、通産大臣賞受賞。
1993年11月 本社(現、吉田工場)工場内で「ふれあいコンサート」を開催。(以後毎年開催)
1994年3月 合理化モデル工場として、通産大臣賞を受ける。
1995年1月 CD-50 グランドビジョンの一貫として社内電子メール運用開始。
1995年4月 第29回社団法人中小企業研究センター賞・地区表彰を受賞
1995年11月 労働大臣表彰を受ける。
1996年1月 「中小企業研究センター賞」地区表彰を受ける。
1998年4月 太田リサーチパークに技術研究拠点としてE2ビル完成。
2000年1月 「ISO9001」認証取得(ロイド社)
2000年9月 情報化促進貢献企業として「通産大臣賞」を受ける。
2001年1月 NT-MOL運用開始。
2001年10月 群馬県より「1社1技術」企業の選定を受ける。
2002年2月 3D-CADの導入を開始。
2006年5月 3D-CAD導入事例発表を実施、高い評価を受ける。
2010年5月 「ISO14001」認証取得(ロイド社)
2011年3月 太田リサーチパークに新工場E3完成
2011年3月 太田リサーチパークに本社を移転
2013年6月 ものづくり中小企業・小規模事業者試作開発等支援補助金に
「低コスト・量産型蓄電池盤の開発」で採択される。
2015年5月 平成26年度最新モデル省エネルギー機器等導入支援事業に採択され、
最新式タレットパンチプレスを導入する。